×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青汁三昧 成分

青汁三昧の成分解析

青汁三昧の成分-ケール

 ケールを育てている雲南省の畑は、天然の湧き水やミネラル豊富な土壌に恵まれているため、青汁三昧に使われているケールは美味しいものです。つまり、青汁三昧を飲めば、通常であれば不足しがちな栄養素を補えると言えます。この野菜はキャベツのもとになった植物であるとも言われていて、和名ではハゴロモカンランと呼ばれアブラナ科に属しています。

 

 青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。また、抵抗力をつけ免疫を高めるためにも有効であると言えます。また、ビタミン含有量が豊富な緑黄色野菜の一つでもあります。

 

 ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。青汁三昧に含まれる三大原料の一つケールは、青汁三昧以外にも色々な青汁に使われているベースとなる野菜です。青汁三昧の材料に使われているケールは、中国の雲南省昆明において広々と作付けされています。

 

 青汁三昧に使われているケールは、有機肥料を使うことを条件にしており、雑草や害虫なども人の手ですべて処理されています。しかし、青汁三昧の材料の1つであるケールは、豊富なA群とC群のビタミンを含有しています。このため、八百屋やスーパーで取り扱っているのを見ることはあまりありません。

 

青汁三昧の成分-大麦若葉

 大気汚染やストレスに晒され続けている現代人の体内では活性酸素が多く作られていますので、大麦若葉を含む青汁三昧はそれを抑えるのにも有効です。活性酵素の働きを防ぐ抗酸化物質の酵素も大麦若葉には含まれています。言葉の意味が示しているとおり、これは大麦の若葉の部分で、20〜30センチまで育った大麦から刈り取られ、青汁三昧に加工されます。

 

 大麦若葉のビタミンCはホウレン草の約33倍、カロチンはホウレン草の約7倍といいますから、かなりのものでしょう。大麦若葉は青汁三昧にぴったりの野菜であると言えます。青汁三昧に含まれる三大原料の中には、大麦若葉が入っています。

 

 大麦若葉を原料として青汁を作ることで、味がよく飲みやすい青汁ができることが知られています。加えて、大麦若葉にはポリフェノールや食物繊維などの成分もたくさん含まれています。緑肥や堆肥についても、無農薬栽培で育てられた自然の植物を使っています。

 

 青汁三昧が使用している大麦若葉は、中国の甘粛省蘭州で栽培されているものです。大麦若葉を使うことで青汁三昧の飲みやすい青汁ができあがります。大麦若葉はまさに成長しているさなかに収穫されるため、他の緑黄色野菜とよりもビタミンやミネラルなどが豊富で、栄養バランスのよいものになっています。

 

青汁三昧の成分-ゴーヤー

 普通夏に採れる野菜であるゴーヤーを違う季節であっても入手できるように、中国各地でネットワークを組んで栽培しています。このため、ガンの進行を押しとどめる効果を期待されています。それによって、一年じゅういつでも高品質のゴーヤーを使った青汁三昧が作れるよう工夫されているのです。

 

 血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。この健康によい野菜はビタミンCやカリウムを多く含んでいるため、青汁三昧にぴったりなのです。

 

 青汁三昧の原料となるゴーヤーは、その果実や種子の中に、人間の体内でガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させる物質を含んでいます。ゴーヤーのこの苦み成分は、血液を浄化し血圧を安定させる効果があると、沖縄では昔から言われていました。青汁三昧の材料となっているゴーヤーは苦いため、苦瓜とも呼ばれています。

 

 青汁三昧は、中国の安徽省合肥他の地域で栽培されたゴーヤーを利用して製造されています。ゴーヤーは沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。青汁三昧に含まれる三大原料の一つにゴーヤーがあります。

 

リンク集一覧

最新情報

青汁三昧の成分解析では青汁三昧の成分(ケール、大麦若葉、ゴーヤー等)について解説しています。特にこれから青汁三昧を購入しようと思っている人は必見です。

 
 
バイト求人探し